子宮頸がん予防ワクチンの予防接種について

公開日 2020年02月17日

更新日 2021年12月01日

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン)の定期接種対象者は無料で予防接種を受けることができます。

お知らせ

令和3年11月26日の国の通知により子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期予防接種の個別勧奨が再開されることになりました。

また、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応については国において議論を開始したところでありますので、今後、方針が決定し次第、速やかに周知させていただきます。

1.対象者

 中学1年生から高校1年生相当の年齢の女子

 (令和3年度は平成17年4月2日~平成21年4月1日生まれ)

2.接種回数

  同じワクチンの種類を3回接種。どちらも子宮頸がんに大きく関与している16型、18型を含むワクチンです。接種方法は筋肉内注射ですが、ワクチンの種類によって接種間隔が異なります。

ワクチンの種類 回数 標準的な接種間隔
サーバリックス(2価) 3回

2回目:1回目の接種から1か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

ガーダシル(4価) 3回

2回目:1回目の接種から2か月後

3回目:1回目の接種から6か月後

3.接種方法

実施医療機関に直接予約。(伊勢崎・玉村以外で接種をご希望される場合は、保健センターまでお問合せください。)

予診票は保健センターにありますのでご連絡ください。

R3年度子宮頸がんワクチン実施医療機関[PDF:46.1KB]

厚生労働省ホームページ

群馬県ホームページ

 

この記事に関するお問い合わせ

健康福祉課 保健センター 健康管理係
住所:〒370-1192 群馬県佐波郡玉村町大字下新田201
TEL:0270-64-7706
FAX:0270-65-2592

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード